十八銀行と親和銀行が合併したらどういう会社名になるか?

長崎県内では規模的に言えば十八銀行の方が少し上。プライドなども十八銀行の行員さんの方がありそう。中小企業に対しても、十八銀行の方が強気。

一方で、規模に関しては劣るものの(実はたいした差は無い)、吸収する側のふくおかフィナンシャルグループの一員となっている親和銀行。立場的には、親和銀行の方が上だろう。

このような状況で、2017年、2行は1つの銀行になります。果たして、合併するとどのような名前になるでしょうか??

 

①どちらかの名前だけ残る

知名度はこちらが上なので、十八銀行。または、吸収する側にもともといた親和銀行。

ん~、どちらも内外から反発がありそうなので、どちらかを残してどちらかを消すことは考えにくい気もする。

②どちらとも付ける

例:三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行

これが一番最初に考えられるでしょう。定番の組み合わせ。

名前をそのまま合わせる場合: 親和十八銀行、十八親和銀行

一文字ずつとる場合: 十親銀行、親十銀行、親八銀行、十和銀行・・・

③覚えやすい名前にがっつり変更

例:みずほ銀行、もみじ銀行

どちらかの名前を残したり、つなぎ合わせるのは微妙な感じなので、全く新しい名前になることが予想される。

両社とも長崎が母体なので、長崎に関係する名前をつけることも十分想定される。

花や鳥などの生き物、名産などを付ける可能性はある。

かすてら銀行、ちゃんぽん銀行、あじさい銀行 などなどは結構な確率であり得る。

「ちゃんぽん」という言葉は、色々混ざって相乗効果を生み出す、というかなりありがちではあるが無難な名前として良く使われることから、個人的にはちゃんぽん銀行かなぁと思う。

名物でいえば、びわとか全国1位だったりするのだけどあまり有名でもないのでちょっと弱いかな。びわ銀行・・・琵琶湖?とか思われるかもですしね。